FC2ブログ

黄昏睡蓮

猟奇系、グロ系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。毎日更新を目標にしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お嬢様は『処理される』のがお好き まとめ

美味しいお肉を、安価に各家庭に。それが夜空精肉業者のモットーです。
続きを読むからどうぞ。

お嬢様は『処理される』のがお好き5

 わたしは口の中にふくらはぎのソテーを含みます。 
 適切な調理をすることでかなり柔らかくはなっていますが、やはりかなり硬い筋が残ってしまっています。
 小さく切り取ったつもりでしたが、なかなか噛み切れず、やむを得ずそのまま水で流し込みます。
「……ふぅ」
 思わずため息が出てしまいました。食材に悪いとは思いつつ、こんなに触感や肉質が違うとは思っていませんでした。
「お嬢様。やはりお口に合いませんか?」
「……そうですね。いえ、美味しくないわけではないのですけど、思った以上に食べづらくて……」
「仕方ありません。お嬢様がいつも口にしているお嬢様ご自身の人肉は、牛肉で例えるのであれば余計な筋や脂身の少ない最高級肉……人肉であればいいという水準で作られ、さらに雑に処理されているその肉は、そこらのスーパーで買う肉よりも劣ります」
 そこまでわかっていたのなら、先に教えておいてほしかったです。
 思わずそう言いかけましたが、よくよく考えてみるとそういわれていたとしても、とりあえずは経験だと食べていたであろうことを思い、口をつぐみました。
 目の前にはその人肉を使用した料理がいくつも並んでいます。
「お嬢様、どうされますか? 無理をなさる必要はないかと思われますが」
「……いえ、一度箸をつけた料理を残すのは主義に反します。この料理は、最後までいただきます」
 わたしはそう決めました。自己満足でしかありませんが、自分がそうされたら嫌だったからです。食べられるために食材になったのに、残されて廃棄されるなんて絶対に許せませんし、したくありません。
「了解いたしました。お嬢様」
 わたしのわがままでしたが、礼司さんは頷いてくれました。
 再びわたしは料理を口に運びつつ、この食材の質はともかく、あの機械的に処理される感覚自体は悪くなかったと考えていました。
 まさに自分がひとつの食材でしかないことを、強制的に理解させられる感じでした。
 さすがに『わたし』を大量に処理するような設備を作るわけにはいきませんが、可能なら一度自分自身として体験してみたいものです。
(……今度、精肉業者に相談してみましょう)
 自分自身があのレーンに流されて処理されるのを想像しながら、わたしはそうやって処理されてきた食材をさらに口に運ぶのでした。


~お嬢様は『処理される』のがお好き 終わり~
 
 

お嬢様は『処理される』のがお好き4

 刃渡り五十センチはあろうかというその重そうなナイフを自在に扱うその解体人は、相当熟練した解体人のようでした。マスクをしているため目元しか見えませんが、その目に迷いはなく、目の前に流れてきた食材を機械的に処理していきます。
 まず、目の前に来た食材の手を掴み、その肩口あたりでその腕を切断してしまいます。一般女性並みの細腕とはいえ、人間の腕を一瞬で、です。それだけではありません。食材が腕を切られた激痛に暴れだす前に、もう片方の手も切断してしまったのです。
 両腕を失い、前後に体を揺するしかできない食材を的確に押さえつつ、首の動脈を切って処理は終了です。
 手首と胴体は血を流しながら運ばれていきました。血抜きをしながらさらに処理を続けるのでしょう。
 解体人の動きは、相当スムーズな動きでした。その見事な手際に、わたしはその手にかかるのを期待して待ちます。
 目の前で食材たちが次々処理されていきます。こんなにたくさんの生きた食材が同時に処理されている様を見ることなんてそうはありません。わたしは早く自分もその処理をしてほしいと願いました。
 願うまでもなく、わたしの順番がやってきます。
 解体人の無骨な手が、わたしの腕を掴みます。
 はっとしたときには、すでにわたしの腕は離れてぶら下がっていました。
 腕を失った激痛に体が動く寸前に、さらにもう片方の手も無残に切り離されてしまいます。解体人はわたしの顎を掴み、強い力で無理やりのけ反らせて、喉にナイフを滑らせました。動脈が切断され、血が噴き出すのが感覚でわかります。
 両腕と首の出血で気が遠くなってしまいますが、まだこの食材は生きています。
 わたしは激痛を味わいながら、次の処理を心待ちにしていました。
 解体人による処理が終わったあとは、ほとんど機械的な処理になります。さかさまになった状態のまま、わたしは移動を続けていきます。その間にも血は流れつづけ、いよいよ意識が遠くなってきました。
 その先の処理の様子が辛うじて見えます。
 円形の大きな電動ノコギリが、前の方の食材の股間から脳天までをまっすぐ両断していっています。注ぎ込まれた液体と血が混じったものが飛び散り、こっちにまでかかります。脳漿まで飛び散っているのが勿体ないです。
 わたしの番になりました。ここまでくると、もうほとんど血は流れてしまい、辛うじて意識が残っているという状態です。
 再び足が開かされ、その急所に電動のこぎりの歯が当たりました。
 それはすさまじい振動でしたが、その切れ味は抜群でした。あそこからお腹までに切り込みが入り、中に注がれた液体が噴き出すのがわかりました。あとは一瞬のことです。
 胸から首、そして頭までもが両断され、一瞬だけ視界が真っ二つになったのを最後に、『体験』は途切れてしまいました。

お嬢様は『処理される』のがお好き3

 その部屋は、広い部屋でした。壁も床もステンレス製のようで、銀色が目に眩しいです。
 処理員さんは、戦闘から順番に首輪を外し、その両手両足に金属製の枷を装着していました。その枷はそれぞれが別々に鎖がつながっていて、四つすべて天井にある滑車のようなものにつながっていました。
 機械的に枷が引かれて最初の食材が宙に浮きます。木に結び付けられたハンモックのような形で、そのまま食材の体が運ばれていきます。処理員の人は手際よく、食材の四肢に枷を付けては、部屋の奥に送り出していました。
 やがて、わたしが体験している食材の順番がやってきます。首輪が外され、両手両足に枷がつけられます。枷はかなりずっしりくるもので、体に接している部分から金属の冷たさと固さが伝わってきました。
(……うーん。こういう無骨な枷も悪くないですが、肌が傷ついてしまいそうですね)
 実際、勢いよく鎖が引かれて体が宙に浮く際、枷が接している部分に強い負担がかかってしまい、かなり鋭い痛みを発します。体が引き伸ばされているため、関節がきしみ、それもまた痛みになってしまうのでした。食材は抵抗する知恵がないため、力を抜いてされるがままですが、それでもやっぱり痛みに反応して勝手に体が動き、それによりさらに肌の痛みが増してしまいます。
 せっかくの肌がもったいない……とは思いますが、いまさらどうすることもできません。そういえば、食材を見分したとき、手足に傷があったのを思い出しました。手首も足首も切られていたので、その時痛んだと思っていたのですが、どうやら痛みの原因はここにあったようです。
 食材の体は奥へと運ばれていきます。
 そこで待っていたのは、荒っぽい洗浄でした。四角い大きな箱の中に入っていくと、なかでは四方から水流が噴き出していて、吊るされていた食材の体の隅々まで強い水流によって現れていきます。無秩序に水流が叩きつけられてくるため、鼻にも入ってしまい、盛大に食材がせき込みます。けれども、特に何かを感じることはなかったようで、体験しているわたしの方が若干不快な思いをしました。
 現れている途中、滑車が動いて無理やり両足を開かれ、その無防備にさらされた局部に細長い筒が突き込まれました。一応先端の形状や材質は考えてあるのか、肛門や膣が裂けるということはありませんでしたが、痛みは相当なものです。その痛みを感じる間もなく、その筒の先端から大量の液体が体の中に注ぎ込まれます。クローン体ですから、浣腸によって体内を洗浄する必要はありません。だから、この液体は何かしら体の中から美味しくするための薬品かなにかなのでしょう。かなり荒っぽい注入だったため、わたしは吐き気を覚えました。ただ、えづいてもなにも出ません。元々何も食べさせていないでしょうから、当たり前でしたが。
 ぽっこりお腹が膨らんだところで、今度はブラシが回転する箱の中に運ばれていきます。そのブラシは柔らかい素材で出来ていましたが、高速回転することで体の汚れや垢を弾き飛ばしているのだということがわかりました。
 かなり荒っぽい洗浄方法でしたが、そこそこキレイになったような気がします。
 最後に全身を熱風であぶられて、消毒と乾燥を同時に済ませます。
 その後、足を吊り下げている側の鎖が引きあげられ、逆さを向いて吊り下げられている状態になります。
 他の食材たちもまったく同じプロセスを経て、お腹がぽっこりした状態で運ばれていっていました。
 そして、さかさまの状態のまま、さらに部屋の奥に進みます。
 そこで待っていたのは、電動ナイフを持った解体人でした。

お嬢様は『処理される』のがお好き2

 カラカラ、と甲高い音がします。
 自分が入れられているアルミ製の軽い檻が、大きな台車に乗せられて長い廊下をどこかに向けて運ばれているのだと気づきます。
(……ああ、ここからなんですね。もっと早い段階から記録するようにお願いすればよかったでしょうか)
 この子が食材として管理されているところから見たかったのですが……そうすると飼育員や管理者の不用意な発言などが記憶されてしまうからかもしれません。
 少し残念ですが、ひとまずはこの記憶を楽しむことにし、気持ちを切り替えました。
 カラカラと通路を進んでいっています。この体もコピー体ですが、このコピー体は食材にするために生み出されただけのものなので、特に記憶や感情は持っていません。ただ、外界の刺激に対して本能的な行動を取るだけです。一応、処理が簡単になるように人の命令を聞ける程度の知能と知識は脳にインプットされているようですが。
 この体はいま、檻の中でだらんと両手両足を投げ出し、へたり込んでいます。ちゃんと足を閉じたりしないので、あられもない格好を自ら晒してしまっています。
 今回の場合、その時の記憶には自身の感情や思考がないので変な感じです。五感はすべて感じるので、体が動かせないで感覚だけを感じているだけの状態なのです。それはまるで夢でも見ているような感覚で、いつも体験しているような感覚とは違う感じでした。
(そういえば……以前ミルトアさんの記憶を体験させていただいた時は、こんな風な違和感はありませんでしたね)
 その時はミルトアさんの思考や感情がはっきり流れ込んできたので、逆に一歩引いた感覚で体験することができました。存分に焼かれる感覚を共有しつつ、非常に楽しかったことを覚えています。
 今回は自分のものではない思考や感情がないため、逆に妙な一体感を感じてしまいます。
 がしゃん、と音がして、台車が止まります。檻の入口が開いて、外に出るようになりました。
「よし、出ろ」
 マスクをした処理員さんらしき人に命じられて、素直にその檻の中から出ます。正確には体が勝手に動いて出たんですが、この記憶を体験する中では大した差ではありません。
 その人は出てきたわたしの耳を引っ張り、無造作にピアッサーで穴をあけ、そこに名札らしきものを取り付けました。いきなり耳を引っ張られるなんて経験はしたことがなかったので、内心驚いてしまいました。
 そして首輪を巻き付け、そこに太い鎖を繋ぎます。
「来い」
 その処理員さんは、鎖を引っ張ってわたしを別の部屋に連れて行きました。
 その先で待っていたのは、同じような顔をした大量の『食材』たちでした。どれもが同じように耳に名札を取り付け、首輪同士が鎖で繋いでありました。その列にわたしも加えられます。
 先頭の『食材』の鎖を引いて、処理員さんはさらに別の部屋に進みます。物々しい鉄製の扉を潜ります。
 この時、視線は向けていませんでしたが、その扉の脇には『屠殺室』と書かれているプレートが掲げられていました。

お嬢様は『処理される』のがお好き1

 目の前に置かれた『食材』に、お嬢様は興味津々な様子だった。
 見て、触って、匂いを嗅いで、それから小さく唸る。
「……断面を見るに、かなり荒い加工ですね。せっかくの肉質を損ねてしまっていませんか?」
 そんな風にいうお嬢様のいうことは間違ってはいない。確かにお嬢様の目の前の『それ』がされている処置は、いつもお嬢様が施されているよりはずっと荒い処置だ。
 しかしそれも仕方ないことなのだ。私はお嬢様に説明する。
「仕方ありませんよ、お嬢様。この肉を処理したのは、我々のようなプロフェッショナルではありません。一度に大量に処理することによって、安価な肉を生産している精肉業者ですから……」
 お嬢様のようにそれ専門の使用人を幾人も雇って処理をしているのとは全く違う。
 血抜きから解体まで、それに精通した人間ばかりに処理されれば、全体的な肉質は向上する。
 この『食材』はお嬢様が一般的な処理はどうなっているのかということが気になるというから用意したが、本来なら用意する必要なんてないものだ。
 そもそも、お嬢様が肉として処理されるたびに、使用人が総出で処理しなければならない量の肉が産出されるので、むしろ肉の量が増えるのは大変なことなのだったりするのだが。
 お嬢様は一通りその肉を観察した後、満足したのかそれを下げるように言う。
「胸とお腹とふくらはぎ。それから脳だけを今日の夕食に使ってください。試しに食べてみます。ほかの部分は『あの子』の餌にして、それでも余った分は肥料にしてください」
 お嬢様がそういうのを聞いて、私は少し意外な気持ちだった。
「よろしいのですか? この手の肉は、極力人が食べて消費するという原則ですが……」
 その原則を作ったのはお嬢様自身だ。原則を守らなくてもいいのだろうか。
「もちろん、わたし自身の肉はちゃんと食べて欲しいですし、ミルトアさんのような友人はしっかり食べて消費したいですけど……」
 そう言ってお嬢様は穏やかに笑う。
「この肉は肥料用にも売られているのでしょう? でしたら、それをどう処理するかは購入したわたしの自由です」
 ある意味、お嬢様らしい考え方だった。私は静かに一礼をする。
「わかりました。お嬢様のおっしゃるとおりにいたしましょう」
「お願いしますね。この『食材』のチップは用意してくれましたか? 夕食までに、それを体験しておきたいと思います」
 その言葉に、私は一瞬どう答えるべきか迷った。
「一応、特別に依頼してご用意させていただきましたが……本当に大丈夫ですか? きちんと処理されているものでありませんから、お嬢様がご不快な思いをされてしまうかもしれませんが……」
 チップの入った箱を差し出しながら問いかけると、お嬢様は心配いらないとばかりに微笑んだ。
「いいのです。そういう経験も積んでおいた方が、今後のためにもいいですから」
 私が渡したチップを大事そうに抱えて、お嬢様は自分の部屋に戻っていってしまわれた。
 肉として処理される経験が本当に今後のためになるのかどうかはわからなかったが、まあお嬢様が楽しそうならばそれでいいかと考え直す。
 私は調達した『食材』をさっそく調理するべく、『食材』の乗ったワゴンを調理室に運んでいった。
カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは猟奇・グロ系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黎明媚態』(露出・羞恥系)
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。