FC2ブログ

黄昏睡蓮

猟奇系、グロ系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。毎日更新を目標にしています。

殺人プレイ『閑話』1

 さすがにドリルで原型が残らないくらいに壊された栄巳ちゃんは、再生してもすぐ復調というわけにはいかなかった。
 同好会の人にタクシーを使わせてもらい、家まで帰った俺は、栄巳ちゃんを抱え上げて自分の部屋まで運ぶ。
 ベッドに横たえると、栄巳ちゃんは力なく笑った。
「ごめんなさい……疲れちゃって……」
「なに言ってるんだよ。むしろやりすぎた俺が謝るべきで――」
 そう口にしようとした俺の言葉を、栄巳ちゃんは遮った。
「先輩は悪くありません。だから謝らないでください。というより……私も殺人プレイ自体は気持ちよかったんですから、謝られても困ります」
「……そっか。そうだね。わかった」
 元々合意の上のプレイだ。本人が望まないレベルでやりすぎた場合なら謝罪も必要だろうけど、本人はもっとすることを望んでいる。単に彼女の体がついていかなかっただけで。
 俺は彼女の横たわるベッドの端に腰掛け、彼女の頭を撫でた。
「ま、少しは休憩しなさいってことだろうさ」
「……そうですね。たまには大人しくしましょうか」
「じっくり次のプレイについてでも考えようよ」
 俺はそう言って自分でまずは考えてみる。
「……たとえば車を使ったプレイはどうだろう」
「車、ですか? はねるんですか?」
「うん。広い敷地を使って思いっきり速度を出して跳ねれば、それだけでも十分だと思う。こう、体がバラバラになって、タイヤにすりつぶされて……さ」
「……うーん、個人的には、一瞬すぎてつまらないかもです」
「え?」
「だってすごい速度を出すのなら、それに伴う衝撃も凄まじいものになるでしょう? そしたら、さすがに意識を保っていることは難しいでしょうし……」
「……それは、そうだね」
「でも車を使うというのはいいアイデアです。私たちはまだ車の免許も持っていませんが、同好会の方に言えば自由に使える人がいるかもしれません」
「車を使った殺人プレイ……おっ、定番だけど引き裂きはどうだろうか?」
「……いいですね! じっくり車を動かしてもらえば、私も楽しめます!」
「手足をそれぞれ別の方向に引っ張る現代式牛裂きなんてどうだろう。空中に浮くくらいで止めて、むち打ちとかも面白いかもな」
「思わず体を跳ねさせて、肩がはずれちゃったりするんですね。最終的には腕や足が千切れていって……ああ、想像してたらドキドキしてきました!」
「とりあえず車による牛裂きは候補にいれておいて……他には何かあるかな」
「クラブは色んな設備をもってるんですよね?」
「同好会の主催者さん……柊山さんの話だとそうみたいだね。そういえば、栄巳ちゃんが寝ている間に柊山さんから『水中花』をやってみて欲しいって言われてたな……」
「すいちゅうか?」
「うん。文字通り水の中に栄巳ちゃんを沈めるって奴。ほら、よく土産屋とかで見かけるクリスタルボールってわかる?」
「はい。透明なボールとか箱の中に何かが閉じこめられているってやつですよね」
「うん。要はそんな感じで栄巳ちゃんを特殊な液体の中で固めてしまおうって話。殺人方法としてはコンクリート詰めに近いのかな」
「……じっくりゆっくり死んでいくってことですね」
「ああ。まあ、ナノマシンがあるから何年閉じこめられたってそう簡単に『確死』にはしないけど。栄巳ちゃんがよければ、柊山さんの趣味を満足させてあげるのもありかな、と思うよ」
「確かに……今日もそうでしたが、これから先長くお世話になる可能性のある人ですもんね……機嫌を取っておいて損はないということですか」
「そういう打算もあるんだけどさ。まあ、ぶっちゃけ俺もちょっと見てみたいんだよね。綺麗に出来たらしばらく飾っておきたいかなってちょっと思ってるくらいには」
「それ、私は暇そうですけどね……まあ、構わないのではないでしょうか」
「オッケー。じゃあこれは了承の返事を出すとして……」
「私からも既望を出して構いませんか?」
「もちろんだよ、なにかな?」
「爆殺を希望します」
「……爆殺、かぁ」
「シチュエーションとしては、お腹の中に爆弾を仕込まれた私を先輩が抱きしめ、一緒に爆死してくだされば最高です」
「んー……君となら心中も悪くないけど……その場合、俺は痛覚切るよ?」
「構いません。先輩に苦しんで欲しいわけではありませんので。ただ、そういうシチュエーションがいいなぁ、と」
「なるほどね。わかった。小芝居挟むのは無理だけど、抱きしめて爆死して欲しいっていうならその望みを叶えるよ」
「ありがとうございます!」
「案外栄巳ちゃんもロマンチストだね?」
「愛する人と心中したいというのは割とよくある願望ではないでしょうか?」
「そこまで断言されると、そうかもしれないって思えちゃうな……」
 俺は苦笑して栄巳ちゃんの頭をぽんぽん、と撫でる。
「思わず話し込んじゃったけど、ちょっと寝てた方がいいよ」
「そうですね。お言葉に甘えて少し休ませていただきます」
 素直に目を閉じた彼女の唇にキスを落とす。
「おやすみ」
「おやすみなさい」
 栄巳ちゃんが寝てしまうと俺はもうやることがない。
 彼女の無邪気な寝顔を眺めながら、のんびりと次の殺人プレイのネタを考えることにした。


~続く~
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは猟奇・グロ系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黎明媚態』(露出・羞恥系)
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
カテゴリ