FC2ブログ

黄昏睡蓮

猟奇系、グロ系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。毎日更新を目標にしています。

殺人プレイ『爆殺』1

 爆発の種類は、大きく分けて二つある。

 一つが火薬などの炸裂物そのものの威力、爆圧や熱風によって対象の破壊を目的としているもの。
 もう一つが金属片などを飛ばして破壊力を高めているものだ。
 前者はかつて旧時代の戦争で使われていた焼夷弾が代表的なものであり、後者は手榴弾に相当する。
 どちらがどう危険というよりは、単に破壊の方向性を定めているだけとも言えるが……重要なのはそんなことじゃない。
 現在栄巳ちゃんの足元の地面に仕掛けられているのは、前者だという事実だ。
 全裸でそこに立っている栄巳ちゃんは、恥ずかしそうに身体を隠しつつも、期待を込めたまなざしで自分の足元を見つめている。
「よーし……ハイスピード望遠カメラセットオッケー。いつでもいいよ!」
 殺人プレイ愛好会の柊山さんが俺に向けて合図を出す。
 俺はそれに対して頷き、栄巳ちゃんに対して手を振った。
「動いていいよー! そのまままっすぐ、俺の方に向かって歩いて来て!」
「はーい!」
 元気よく栄巳ちゃんが応え、その美しい身体を揺らしながら、俺に向かって歩いてくる。
 その一歩一歩に緊張と期待が見え、こちらまでドキドキしてくる。
 そして、栄巳ちゃんが数歩進んだ時。

 彼女の足元で爆発が起きた。

 一瞬の出来事だ。
 炸裂した爆弾は爆圧と熱風を上方に向かって噴き出し、それはその場に立っていた栄巳ちゃんの身体を直撃した。
 足が吹き飛ぶというレベルではなく、腰、胸、腕、首が瞬きの間に千切れて空高く舞い上がる。爆炎はその隅々までを燃やし、一瞬で彼女の身体を炭にする。
 いくらナノマシン技術が進歩した現代とはいえ、本当に復活出来るのか心配なレベルでバラバラになった栄巳ちゃんは、空高く舞い上がり、そして。
 そのまま俺のところまで降り注いだ。
 首だけがごろりと俺の前に落ちて来て、止まる。
 個人の判別も出来なくなったその首は、もう何も言わず、ただ肉と髪が焼けた嫌な臭いを放つばかりだった。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは猟奇・グロ系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黎明媚態』(露出・羞恥系)
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
カテゴリ