FC2ブログ

黄昏睡蓮

猟奇系、グロ系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。毎日更新を目標にしています。

お嬢様は『食べられる』のがお好き1

 どすり、と鈍い音がお腹から響いて来ました。
 灼熱がお腹で弾け、喉の奥からこみ上げてくる物を吐きだしてしまいます。真っ赤なそれは錆臭い匂いをさせながら、わたしの身体を汚していきました。
「げふっ、くぅ……」
 目の前にパチパチと火花が瞬きます。それがあまりにも強い激痛のためだと気付いたのは暫くしてからでした。
 神経が焼けそうなほどの激痛は、私の意識を混濁させます。
 私のお腹に刃物を突き刺した元凶である、若いコックは心配そうにわたしの顔を覗きこんで来ました。
「大丈夫ですか? カナエお嬢様」
 わたしはそれに返事をしようとしたのですが、喉から溢れるものが気管に入ってしまってそれどころではありませんでした。
 それを感じたコックが、わたしの口元を綺麗な布で拭ってくれます。
「お嬢様の綺麗な顔を血で汚すのは勿体ないですね」
 口元を拭いつつ、コックは別の包丁でわたしの首筋をかっ切りました。血が勢いよくそこから噴きだします。
 血がそちらから噴出したことで、口元からは漏れ出なくなりました。けど、代わりに頭に血がゆかなくなり、意識を失いそうになります。
 わたしは意識を失わないように、必死になって保ちます。
 コックは満足そうに頷いたあと、わたしの身体を解体しにかかりました。
 手際よくお腹をかっさばき、内臓を取り出して行きます。肋骨を砕いて魚の開きのようにわたしの身体を開いたかと思うと、小さく脈動する臓器を手の平に載せて私の前に見せ付けて来ました。
 心臓です。私の命の中核を成す、一番大切な器官。
 それを、目の前で握り潰されました。
 わたしの身体は勝手に大きく跳ね、そして、一気に血圧が下がって意識を失うことになりました。

 私は、死んだのです。




 わたしが死ぬ様を見ていたわたしは、首筋に潜りこんでいた神経接続プラグを抜き取りました。
 それを近くに控えていた政宗に渡してから、わたしの解体を続けるコックに声をかけます。
「ちょっと、上切さん。死なせるのが早すぎですよ」
 そう声をかけると、まだ若いコックである上切さんは申し訳なさそうに頭を下げる。
「申し訳ありません、カナエお嬢様。お嬢様が苦しんでいるところを見るのが忍びなくて……」
 優しい上切さんは時折そういう配慮をする。何らかの原因で無理矢理運ばれてきた『食材』に対してならばともかく、その配慮はいまの状況では必要ないものだった。
 切り替えが出来ない彼は、やっぱりまだまだ半人前ということなのだろう。コック長の礼司さんなら顔色一つ変えずにやってくれるのに。
「苦しんでいるのではありませんわ。わたしは楽しんでいるのです」
 そう言ってから、わたしは彼に指示を出す。
「まあ、とにかく今回のわたしの調理はあなたに一任します。以前礼司さんから聴きましたが、人肉は手早く処理しないと美味しく調理は出来ないのでしょう?」
「あ、はい! ただちに!」
 慌てて上切さんはわたしの調理にかかる。
 彼はどんな風にわたしを料理してくれるのか。
 わたしはとても楽しみだった。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは猟奇・グロ系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黎明媚態』(露出・羞恥系)
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
カテゴリ