FC2ブログ

黄昏睡蓮

猟奇系、グロ系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。毎日更新を目標にしています。

殺人鬼掲示板 磔殺しの殺人鬼編 4

「なるほど、ただ切り取るだけではなく、ゲームにして楽しむと……いいですね」
 こういう刺激が齎されるので、殺人鬼掲示板は止められないのだ。
 男は腰に刺していたナイフを抜き放つ。月光を反射して銀色に輝くそれは、死神の鎌のように鋭かった。
「よっ……と」
 しゃりん、という音を立てて、その刃が振るわれる。その切れ味は見事な物で、まるでほとんど抵抗なく、凪沼の乳房は根元から両方削ぎ落とされた。そこそこ大きな脂肪の塊が殺人鬼の両手に載せられる。
 彼は気絶している凪沼の腹部を、無造作に踏みつけた。
 白目を剥いていた彼女の目が元に戻り、月光を背負って立つ殺人鬼の姿を捉えて、恐怖がその瞳に満ちる。
「さて。まずはこれをご覧ください」
 そういって彼は両手にあるそれを彼女にも見えるようにする。彼女は一瞬それがなにかわからなかったようでほうけた顔をしていたが、それが乳房の形をしていることに気づくと、驚愕した表情を浮かべて自分の胸を見下ろす。そこにあるべきものがないことに気付いた彼女は、悲鳴をあげた。無論、喉が潰されている彼女の悲鳴は音にならなかったが。
 錯乱しかけた彼女の顔を、殺人鬼が無造作に蹴り飛ばす。大した力は入れていなかったようだが、それでも数本の歯が飛んだ。
「はーい。よくみてくださいね。右手にあるおっぱいと、左手にあるおっぱい。どちらがどちらのおっぱいでしょうか? これはクイズです。正解したら、この肉を食べてもらいます。不正解なら、下の口から食べてもらいます。よろしいですね?」
 よろしいわけがない。
 だが、彼女に拒否権はなく、考える暇もなかった。
「右手に持っているのが、右のおっぱいだと思いますか?」
 そう問いかける。凪沼は精進していたが、とにかく答えなければならないと思ったのか、小さく頷いた。
 彼はその彼女の答えを聞き、にっこりと微笑んだ。
「残念、不正解です!」
 というわけで、と殺人鬼が笑う。
「下の口から食べさせてあげますね」
 必死に首を横に振る凪沼だったが、それを聞き入れる殺人鬼ではない。
 まだ根元が折れているだけの方の足を掴んで、彼女の身体を持ち上げる。もう片方の足はボロボロのため、勝手に彼女は大股びらきの格好になっていた。そのことについて恥ずかしがる余裕など、当然ない。
 殺人鬼は切り取られたおっぱいを握り込んだもう片方の腕を、勢い良く彼女のあそこにぶち込んだ。準備などなにもできていない秘部への、フィストファック。通常なら入らないであろう穴に勢い任せにぶち込んだのだ。無事でいられるわけもない。
 穴の縁は見るも無残に千切れ、盛大に突かれた子宮口も無事では済まない。彼女が処女かどうかなど問題にはならず、大量の血液が彼女の股間から溢れた。
「………っ、ぁ……ぅ」
 この辺りでようやく声が戻りかけたが、凪沼にもはや大声をあげる気力はない。たとえあったとしても、命の炎が消えかけている現状では、ろくな声をあげることはできなかっただろうが。
「さて、それでは仕上げと参りましょうか」
 彼はそう呟いて、周囲を見渡した。おあつらえ向きの場所にある電柱を見る。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは猟奇・グロ系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黎明媚態』(露出・羞恥系)
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
カテゴリ