FC2ブログ

黄昏睡蓮

猟奇系、グロ系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。毎日更新を目標にしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お嬢様は『焼き上がる』のがお好き4

 ミルトアさんの真っ二つに分かれた頭部を、丸ごと皿のようにして、わたしはスプーンを用いてミルトアさんの脳を抉り出します。
「わぁ……感触的には焼き、というよりは煮込んだ感じですね」
「脳は水気を含むカラネ。乾燥させてしまえばもう少し食感は変わると思うケド」
 わたしは掬いあげたミルトアさんの脳を口に運びます。少しはしたない気もしましたが、一口でそれを口に含んでみます。
 じんわりと脳が崩れ、口の中にちょっと変わった味が広がりました。
「んーっ! ……これは、美味しいですね」
「そうネ! ちょっと苦みがあってネ。もっと甘くしたいんだけどネェ……」
 人肉に甘みを出すのは難しい。脂肪や筋肉、臓器まで出来なくもないけど、やっぱり脳まで甘みを強めるのは難しいのだ。
「そういえばカナエ、知ってル? 生まれた時から桃ばかりを食べさせられて育った娘は、全身とっても甘いらしいヨ?」
「桃娘のことですね。中国の伝承というか、創作かもしれない話ですが……」
「それ、できないかナ? コピー体を作る時に桃を大量に投入すれば……」
 ミルトアさんの直接的な方法論に、思わずわたしは笑ってしまいました。
「さすがに無理だと思いますよ。コピー体は廃棄物の寄せ集めから出来ているわけではありませんし……材料の配合を間違えれば、それは人間にはならないと思います」
「……だめなノ……じゃあ、まずは寄せ集めの材料からコピー体を作る研究カラ?」
「だいぶ時間がかかりそうな話ですね」
 そういうことを乗り越えて来たからこそ、いまのわたしたちがあるのだから、いつかはそういうコピー体が出来るかもしれませんが。
「中国といえば、生きたまま脳を食べるという文化がありましたね」
「知ってル! けど、それって人間でも出来るのカナ? 確かあれは猿だったよネ?」
「出来ない理由はないと思いますよ。問題は脳を直接損壊させることによって、記憶装置にどのようなフィードバックが起こるのかがわからないというところでしょうか」
 記憶を体感できるとはいえ、便利なことばかりではありません。あまりにも過剰な負荷を脳が受けてしまう危険性もありうるのですから。
「あー、そうだネ。なんだっケ? 記憶装置のフィードバックを受けて廃人になっちゃった人がいたんダッケ?」
「数年前の話ですけどね。あれは確か、わたしたちみたいな死体験者の記憶を、一般人が体感してしまったから起こった悲劇でした」
「思い出したヨ! あれは可哀想な話だったネ……彼氏が他殺志願者なんだったっけ?」
「ええ。それに応えようとして、彼女側は予習として、記憶を共有したそうです。バックアップを取る習慣がなかったのでしょうね。リミッターも運悪く外れていたとか」
 あれは本当に不幸な事件でした。彼氏のためにと頑張った彼女が、結局そのために廃人になってしまうのですから。
 あいにくわたしたちにはそこまでして尽くしたい彼氏はいませんが、やりすぎて廃人になるわけにもいきません。
 もっともっと楽しめる食べられ方はあるはずなのです。それを経験するまで、死ぬわけにはいきません。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは猟奇・グロ系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黎明媚態』(露出・羞恥系)
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。