FC2ブログ

黄昏睡蓮

猟奇系、グロ系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。毎日更新を目標にしています。

首狩りの殺人鬼1

 一瞬でターゲットの背後に忍び寄った彼は、その無防備な首筋にナイフを翳した。
 悲鳴をあげかけた口を塞ぎ、強制的に仰け反らせて白い喉を晒させる。冷たいナイフの腹をその喉に当てた。
「動かない方がいい。死ぬぞ」
 突きつけられた彼女はようやく事態が飲み込めたのか、身体を小さく震わせながらも指先一つ動かせなかった。
 そんな彼女の反応を注意深く観察しながら、その背後に張り付いた男はゆっくりと身体を離す。
 喉元へのナイフはそのままに、口を塞いでいた手が離れる。
「声をあげようなんて思わない方がいい。君が声を上げるよりも早く、俺のナイフは君の喉笛を切り裂く」
 男はもう一本のナイフを、逆側から彼女の細い首にあてた。二本のナイフによって首を固定された彼女は、もはやガクガクと身体を震わせてこの事態が過ぎ去るのを待つばかりだ。
「ふふ……さて、安心しろ。俺は己の美学に反することはしない男だ。だから、君が素直にいうことを聞けば命は助けてやる」
 彼女は背後の男の言うことを聞くしかなかった。たとえ男がなにを言っても、言うことを聞かないと言う選択肢はない。軽く周囲を見渡してみたが、助けに来てくれそうな人はいなかった。そもそもこの場所は人気が少ないことで彼女が気に入って早朝散歩ルートにしているからだ。
 だからこそ、付け込まれたわけだが。
「よくないぜ。こんなところを一人で歩いてちゃー。怖いひとが歩いてるかもしれないし……」
 その怖いひと筆頭の男が、にこやかに話を進める。
「さて、じゃあさくっと進めるか。そろそろ落ち着いてきた頃だろ」
 男は少女の心を把握しているのか、最初の衝撃が落ち着いてきた瞬間に話を進めた。
 反撃を考えさせないながらも、混乱はさせない絶妙な間合いの取り方だ。
「まずは上着のボタンを外せ」
 言いながら、皮を破らない程度にナイフを彼女の喉に当てる。ギリギリの恐怖に、少女の呼吸が止まる。
「はやくしろ」
 低く、鋭い命令。
 少女は思わず動き出していた。上から順番にボタンに手をかけ、外して行く。
 『服を脱げ』と言わなかったところに、男の巧妙な罠があった。もし直接的な言葉を使われていたら、極限状態にあった少女もすぐには行動に移れなかったかもしれない。しかし『ボタンを外す』という具体的な行動を示されたことで、思わず従ってしまっていた。
 ボタンを全て外したタイミングで、男がもう一度命令をする。
「よし、いい子だ。その上着を肩から滑らせて袖から腕を抜け」
 刃を突きつけられて、少し上を向かされている彼女は、それがどういう意図に基づいたものなのかわからないまま、言われるままに上着を脱ぎ落としてしまう。
 上半身下着姿になったところで、彼女はようやく自分が犯されようとしていることに気づいた。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは猟奇・グロ系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黎明媚態』(露出・羞恥系)
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
カテゴリ