FC2ブログ

黄昏睡蓮

猟奇系、グロ系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。毎日更新を目標にしています。

殺人プレイ『自殺』1

 私の殺人プレイのパートナーである先輩は、数日前から大学の研究旅行に行ってしまって傍にいなかった。
 自分の部屋でごろごろしながら、私は先輩が映っている写真を眺めていた。
「……さみしーです。せんぱい」
 私と先輩はパートナーであり、同時に恋人でもある。恋人に長く逢えないことによる切なさは、恋をしている女の子ならわかってくれるはず。
 早く帰ってきてほしいけど、先輩が帰ってくるまではまだ二日くらい時間があった。
 先輩の他に仲の良い人はいないでもなかったけど、もうその人たちとも色々したあとだった。ショッピングやカラオケとかで気を紛らわせるのにも限度がある。
 しばらく悶々としたあと、私は決意する。
「……仕方ない。自殺しよっと」
 一昔前なら何をバカなことを、と言われてしまう呟きをしながら私は立ち上がった。
 先輩がいつも使っている包丁を取りに台所に向かう。その途中で思い直した。
(切腹……は、死ねないなぁ。飛び降りかな)
 人に迷惑をかけさえしなければ、飛び降りプレイは推奨されているプレイだった。ナノマシンによる超再生能力を持ついまの人類は、たとえ飛び降りてぐちゃぐちゃになっても、何事もなかったかのように再生するからだ。
 早速マンションの屋上から飛び降りようと思ったけど、やはり途中で思い直す。
(パートナーがいない状態で飛び降りは危ないか……誰がいつ下を通るかわからないし……)
 それでもし人を巻き込んで死なせてしまったら、厳重注意を受けることになる。
 ナノマシンの恩恵で殺人や強盗はできなくなったから、事故に対する世間の厳しさは非常に大きなものになっている。子供を巻き込んでしまうことも考えられるし、やめておいた方が無難そうだ。
「……うーん。どうしよう。困ったなぁ」
 私は自殺する方法すら、自分ではうまく思いつかなかった。
 最近、ずっと先輩に殺されっぱなしだから、勘が鈍っているのかもしれない。
「うーん。仕方ない」
 私は携帯電話を取り出した。

『というわけなんですけど……どうやって死んだらいいと思います?』
 受話器の向こうから、そんな声が聞こえて来て、呆れてしまった。
「うーん……我慢できなかったか。あと二日したら帰るのに、ダメ?」
 俺がそう問いかけると、栄巳は心底申し訳なさそうながらも、譲らなかった。
『……ごめんなさい。でも、もう辛抱できなくて。だって、こんなに長い間先輩に殺されないなんて、初めてなんですもん!』
 可愛らしく言っても誤魔化されないぞ。くそ、可愛いな。
「……はー。わかったわかった。じゃあ、今回は遠隔殺人プレイってことで……俺の指示通りに死ぬんだ。そうすれば、自殺プレイも殺人プレイになるだろ」
『せ、先輩……天才ですか!?』
 まじめに歓喜しないでほしい。恥ずかしい。
 俺と栄巳ちゃんの関係を知っている同期の男が、電話する俺をにやにやと眺めていた。
 その視線を無視して、俺は彼女に死に方を命令するのだった。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは猟奇・グロ系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黎明媚態』(露出・羞恥系)
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
カテゴリ