FC2ブログ

黄昏睡蓮

猟奇系、グロ系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。毎日更新を目標にしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お嬢様は『剥かれる』のがお好き

 まるで桃の皮を剥くように、『お嬢様』の腕から皮膚が剥がれた。
「おお……これは……!」
 思わず感動して呟いてしまう。まるで長い手袋を脱いだだけのように、『お嬢様』の腕の皮が丸ごと剥けてしまった。
 皮を剥かれ、肉が露出するのはとんでもない激痛なのだろう。額に汗を浮かべながらも、『お嬢様』はにこやかに笑っていた。
「ふ、ふふ……すごいでしょう? こんなに綺麗に皮が剥けるなんて」
「ええ……この『人皮剥がし液』はすごい効果ですな……これだけ綺麗に皮が剥けるのであれば、様々な調理に使えそうです」
「調理の仕方を考えるのはお任せいたします……ところで、続きをしていただいてもよいでしょうか?」
 腕を少し動かすだけでも痛いのだろう。必死に同じ姿勢のまま動かないようにしている『お嬢様』は健気で、愛おしかった。

 たとえ、食用のコピー体であっても、『お嬢様』は敬愛すべきお嬢様なのである。

 無意味に食材の苦痛を長引かせるのは、料理人も望むところではない。
「そうですな。次の課程に取りかかりましょう。では次の新薬を……」
 そういって私は注射器を手に取り、それを筋肉がむき出しになった『お嬢様』の右腕に刺す。皮膚が剥がれたことで血管の位置がよくわかるようになり、注射は素人の私でも容易に刺すことができた。
 効果が出るまでの少しの間、私は『お嬢様』と会話する。
「それにしても色々な新薬が開発できるものですね……」
「ふふふ。『私』のデータがずいぶん役に立っているみたいで何よりです。私のこれはあくまでも趣味ですが、それが技術の発展に繋がるなら、それに超したことはないですから」
 ですが、と『お嬢様』は憂いの籠もった溜息を吐く。
「そろそろ老化を抑制する薬か、若返りの薬が開発されないものでしょうか……食肉のピークが過ぎてしまいます」
「コピー体の設定で年齢を下げることはできるのでは?」
「もちろんそれは可能ですけど、コピーの過程に直接手を加えるのは肉質にあまり良くないんです……普通に食べる分にはわからないでしょうけど、食通の方たちにいただかれたらすぐにわかってしまうでしょうね。私でもわかりますから」
「ああ、そういえばこの間、幼体のミルトア様をいただきましたからね」
 お嬢様のご友人を何度か調理したことのある私にも、その微妙な肉質の違いはわかった。
「元のご本人と面識のある方であれば、あれはあれで中々面白い趣向だとは思いますが。……そろそろいいのではないでしょうか?」
「そうですね」
 私は『お嬢様』の腕を取り、そして、力を込めてその腕を『折った』。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは猟奇・グロ系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黎明媚態』(露出・羞恥系)
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。