FC2ブログ

黄昏睡蓮

猟奇系、グロ系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。毎日更新を目標にしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

殺人プレイ『植殺』 2

 目の前に迫る、巨大な植物の、凶悪な口。
 逃げる暇など全くなく、わたしはその食虫植物に捕らえられていました。牙のような突起がずらりと並んだその口は、わたしの身体を締め付けるように窄まり、突起を身体に突きたてて来ます。
 前後左右からナイフが突きたてられたような、そんな錯覚を覚えます。皮を貫き、肉を裂く嫌な感触が至るところから発生しました。思わず腕をあげて顔を庇ったのですが、その腕にもいくつか牙が突き立ったようです。
 その痛みを堪える間も刹那、わたしの身体は強い力で持ち上げられ、天地が逆さまになってしまいました。足が宙に浮き、全身に突き立った刃が身体を支える形になった結果、傷口を抉られる激痛が走りました。
 思わず足をばたつかせて抵抗しますが、怪物の力は強く、何の抵抗にもなっていないようです。それどころか足を暴れさせた分、全身に突き立っている刃がさらにわたしの身体を抉り、より大きな痛みを発生させます。
 身体を締め付けていた植物の口が一瞬緩み、突き立っていた刃が一斉に引き抜かれました。そして、少し位置が変わったと同時にまたその空間がすぼめられ、新たな傷が全身に刻みつけられます。
 全身から発生する痛みに悶えつつ、わたしはこれ以上無いほどの凄惨な変化を使いこなす人に感服していました。
 これまでにも殺人プレイは何度も経験してきています。まりか姉さんにお願いして、かすみと一緒に殺してもらったことも一度や二度ではありません。
 けれど大抵は普通の工具や薬品を用いたプレイで、それはそれで興奮するのですがインパクトとしては弱かったように思います。
 わたしたちがまりか姉さんの影響で小人化できるということもありますが、この人にかかればこんな風に未知の生物になぶり殺しにされるという経験が出来るのです。おそらくかすみもだと思いますがわたしはすっかりこの人とのプレイの魅力にとりつかれていました。
 全身を穴だらけにされつつ、次の段階へと移行します。怪物の口から少し滑り落ちると、そこは消化液で満たされた袋でした。頭からそこに落ちていく自分の身体を止める術などありません。
 頭からその消化液のプールに突っ込み、そして全身が焼けただれる激痛に悲鳴をあげてしまいます。かすみの様子を見て覚悟をしていたのですが、とても堪えられる痛みではありませんでした。空いた穴から身体の中まで消化液が流れ込んできているのでしょうか。あまりの激痛に思考すらままならず、ただその苦痛から逃れるために身体を暴れさせます。
 しかしその行為がかえって消化液を全身に浸透させる結果となったのか、瞬く間に全身が痺れだし、暴れることもできなくなってしまいました。
 それと同時に、なぜか消化液が減っていくのがわかりました。空気が顔に当たるのがわかったからです。
 すでに瞼も溶けかかっていましたが、目はまだ潰れていないようです。
 瞼をこじ開けると、思いがけない光景が飛び込んで来ました。

つづく
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは猟奇・グロ系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黎明媚態』(露出・羞恥系)
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。