FC2ブログ

黄昏睡蓮

猟奇系、グロ系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。毎日更新を目標にしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

殺人プレイ『植殺』 4

 双子肉団子が完成した。
 我ながら上手いこと消化の加減が出来たと思う。ある程度固めたところで、机の上に双子の肉団子を吐き出す。
 一応心臓とか肺とか重要な器官は溶かさないようにして気を遣ったけど、下半身はほとんど溶けちゃってるし全身火傷で致死率越えてるだろうし、生きているか死んでいるかは微妙なところだった。そもそも肺が機能しているとは思えないし、圧縮しちゃったから空気も絞り出されちゃっただろうけど。
 まだ再生が始まっていないところを見ると、生きているのは生きているんだろう。
 ともあれ、さすがに疲れた。両手を食虫植物を模した形に変え、それの中で触手を動かす、というのはさすがにしんどかった。
 小さいから楽ということはない。小さければその分作業は精密になるからだ。1000分の1スケールの精巧なプラモデルを組み立てる程度には疲弊した。
 机の上の肉団子を指先で転がしつつ、仕上げはどうするか考える。油で揚げるか、火で炙るか、凍らせて固めるか。
 色々考えた結果、凍らせておくことにした。透明な容器に水を張り、その中に肉団子を投入。肉団子は空気が抜けてしまったからか、水に沈んで浮かんでこなかった。それを冷凍庫に放り込んでおく。急速冷凍で凍らせてみよう。
 そして、数時間して見に行ってみると、見事に凍り付いていた。氷が透明になるように気を使ったから、ちゃんと肉塊が氷漬けになっているのがわかる。
 冷凍庫から取り出して、机の上において鑑賞する。そうしているうちに死亡した二人の再生が始まった。肉塊が蠢き、徐々に人の形を作っていく。
 ただ、二人は狭い氷の空間に閉じ込められている。ふたりは複雑に絡み合った状態で、氷の檻に捕らわれた状態で再生する。
 結構芸術点が高そうな光景だった。こういう芸術作品があっても良さそうだ。
 身体が再生した二人だったけど、周囲が死ぬしかない状況にあるからか、二人が目を覚ます気配はなく、仮死状態にあった。
 そろそろ解放してあげようと、僕は容器を暖め、容器から氷を外す。
 氷漬けになったふたりの様子を見ていたら、ふと悪戯心が湧き、かき氷を作る機械を取り出して来た。二人は記憶できないだろうから、あとで映像で見せてあげるつもりで、撮影しながら氷をかいていく。
 このかき氷器の刃は特別製で、僕の力で大幅に強度を上げてある。
 その結果、かき氷器はその性能を遺憾なく発揮し、氷の中にあった肉と骨も容赦なく裁断してしまった。
 白かった氷があっというまに赤く染まり、赤黒い肉片が氷に注がれる。
 イチゴシロップというにはあまりにも赤黒く。
 思いつきだったけど、中々いい光景になったと思う。あとで見せてあげる時が楽しみだ。

つづく
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは猟奇・グロ系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黎明媚態』(露出・羞恥系)
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。