FC2ブログ

黄昏睡蓮

猟奇系、グロ系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。毎日更新を目標にしています。

殺人プレイ『聖殺』 1


 双子ちゃんの突然の来訪から早数ヶ月――僕とまりかさんは相変わらず一緒に生活していた。
 すっかり共同生活にも慣れ、少しずつまりかさんの持ち物も増えていき、気付けばほとんど同棲しているのと変わらない状態になっている。
 僕としては思う存分プレイが出来るし、まりかさんは人形サイズで活動すれば極端に消費を抑えられるから、精神的にも金銭的にも全く問題ないのだけど、違う点がそろそろ心配になってきた。

 つまり、まりかさんはずっとここにいてくれるのか、という話だ。

 僕とまりかさんのいまの関係は、とても曖昧だ。
 家族ではないし、友達、というのも少し違う。
 端的に言えば、同好会の仲間ということになるのだけど、その言葉で括るには僕の中でまりかさんの存在は大きくなりすぎていた。
 つまりどういうことかというと。
(告白、したいなぁ……)
 曖昧な関係性に終止符を打ち、堂々と「自分はまりかさんの恋人だ」と言える存在になりたい。そんな風に思うようになっていた。
 ただ、まりかさん側がどう思ってくれているのかはわからない。
 身体を委ねてくれているのだから、少なくとも嫌われてはいないと思う。殺人プレイの相方として、相応に信頼はされているはず。
 けど、それと僕と同じ気持ちになってくれているかどうかとは、全然別の話だ。
 向こうにしてみれば理想通りに自分を殺してくれる相方、以上の感情を抱いていないかもしれない。
 彼女の気っ風のいい性格はとても気持ちが良く、同好会内だけで考えてもファンが多い。
 まりかさんなら相手に事欠かないだろうし、よりどりみどりだろう。そんな彼女に唯一無二のパートナーに選ばれる自信は、僕には無い。
(誰かに相談したいな)
 情けない話だと自分でも思うが、僕はそう考え、相談候補をあげてみた。出来れば僕のこともまりかさんのことも知っている共通の知り合いが好ましい。
(双子ちゃんは……やめとこう。なんか嫌な予感しかしない)
 盛大にからかわれることは想像に難くない。
(僕の友達はそもそも殺人プレイのことも知らないしなぁ)
 昔ほどの偏見はなくとも、割とマイナーな趣味なので黙っているのだ。無闇に人にいうことではないから、これは間違ってはいない。
(……同好会の会長は……なんか、双子ちゃんと同じ気がする)
 大人の男性だし、真剣に相談に乗ってくれそうではあるけど、根本に双子ちゃんと同じ匂いを感じるのだ。相談したら何年も肴のネタにされそう。
(と、なると……)
 候補はもう何人もおらず、その中でも一番口が硬くて信用できる人に頼ることにした。


「……話はわかったが、俺にそんな話を持ってきたのはお前が初めてだ」
 同好会で用いる様々な道具類を作成している職人のマサネさんは、真面目な顔でそう呟いた。
「ごめんなさい……」
 いま、僕もなんで マサネさんに恋愛話を相談しようと思ったのか自分で自分の頭を抱えているところだ。
 確かに信用は出来るし、口は硬いし、からかってきたりする人ではないのは確かだけど。
 告白するしないの恋愛話を持ちかける相手としてはあまりにもあまりな人だった。
「やっぱりいいです。お騒がせしました!」
 どうしようもなく恥ずかしくなって逃げようとした僕の肩を、マサネさんが掴んで止める。
「まあ待て。まずは落ち着いて茶でも飲め」
 そう言われると逃げ出すのも悪いので、大人しくお茶をごちそうになった。
「お前たちは同好会の中でもレアな特徴を持つふたりだ。そういう意味では、慎重になるのは間違っていないし、同好会の仲間に相談するのも正しい」
「……あー、そう、ですね」
 実はそれもちょっとは思っていた。
 もし告白して失敗したら。逆に成功したとしても、同好会の活動に参加がし辛くなったり、参加が少なくなったら、同好会の損失になる。
 一応色々と販売とかもしている集まりだし。その中でも、確かに僕とまりかさんのプレイは結構な売れ筋みたいだし。詳しくは知らないけど。
「そのあたりも踏まえて言うがな――さっさと想いを伝えてこい」
 ずばりと言われ、思わずお茶を零すところだった。
「え、ちょ、マサネさん!?」
「何を驚いてるんだ? むしろ、それ以外の選択があるのか? 同好会のことなど考えるな。その気になればいくらでも調整は効くし、最悪どちらかが同好会を去ることになったとしても、それは想いを伝えない理由にはならんだろう?」
「う……それは、そうかもですけど……」
「第一な、お前、いまのままなあなあの関係を続けたとして……もし彼女が突然『この人と付き合うことになった』と別の男を連れて来たらどうする? 四六時中一緒にいるわけでもないのだろう?」
 その可能性が、ないとは言えなかった。
 なにせまりかさんだし。ちょっとした外出でもすぐ人と仲良くなっちゃう人だ。
「……そう、ですね。うん! 決めました! まりかさんに想いを伝えます!」
 まりかさんのことを特別に思ってしまっている以上、想いを伝えたい。
 問題は、どう伝えるかなんだけど。
「どう伝えようかな……」
 思わずそう呟くと、マサネさんは本気で呆れた顔をしていた。
「おいおい、お前は暦も見てないのか?」
「え?」
「あるだろう。絶好の日が」
 そう言ってマサネさんが指で示したカレンダー。
 その暦は、十二月を示していた。
「その日に遊びでもなんでもいいから誘ってみろ。それで断られるようならそもそも脈がないということだ」
「な、なるほど……! そして、ムードを高めた上で、想いを伝えれば……!」
 いける、かもしれない。
「どう高めるかは自分で考えるんだな。そこに関してはアドバイスもできん」
「はい! ありがとうございます!」
 その筋道を示してくれただけでも十分ありがたい。
 僕はどうやってまりかさんとのムードを高めるか考えて――ふと、思いついた。
「……マサネさん。もうひとつ相談、いいですか?」
 早速、思いついた内容を さんに相談する。
 準備を万端に整えなければならない。

 その日――クリスマスに向けて。

つづく
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

夜空さくら (旧HN:黒い月)

Author:夜空さくら (旧HN:黒い月)

はじめに
当ブログは猟奇・グロ系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黎明媚態』(露出・羞恥系)
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
カテゴリ